起業家支援、スタートアップコスト削減
中古複合機

Performance and maintenance contract of MFP複合機の性能と保守契約

 MATSUYA OFFICE PORTALでは、起業家支援としてスタートアップされる起業家の方に中古複合機の販売をしております。会社を起業する際は、あれもこれもと予算が想像以上にかかります。また、複合機はリース契約で経費として扱うのが一般的ですが、スタートアップの場合は起業してから約2年~3年はリース契約を利用することはできません。
私たちは中古複合機を通じて、初期費用を抑えていただくことで起業家をご支援させていただきます。

 OFFICEPORTAL取り扱い中古複合機は全て、カラーコピー、カラープリンタ、ファックス、スキャナの1台4役のカラー複合機となります。 昨今では、情報化時代による紙の電子化が必須であることから、1分間に50枚A4の紙資料がスキャンできるスキャナは業務上非常に重要です。 1台で全てできるカラー複合機は、スペースの有効用や省電力化にも貢献できるため、スタートアップ企業様の業務に貢献できます。 実機は店舗に展示されておりますので、ショールームにてご確認いただくことも可能です。

 弊社の販売する中古複合機は保守契約を締結することが可能です。
中古複合機の保守料金は下記の通りです。

保守料金
白黒1枚  @4円
カラー1枚 @25円
最低プリント料金 2,550円(白黒637枚相当分を含む)

上記保守料金は毎月1回締めを行い、ご利用いただいた枚数分がご請求額となります。保守料金には、トナーやドラムと消耗品、故障やトラブル時のエンジニアの出張費用、部品代金の用紙代金を除く全てが含まれております。複合機の場合、保守契約の締結は必須とさせていただいております。

New MFP and Used MFP新品複合機と中古複合機どっちがいいの?

 スタートアップ企業様でも新品複合機の方がメリットが多い場合もございます。具体的には印刷枚数が月何枚程度ボリュームがあるかによって変わります。 上記でご説明をさせていただいた保守料金の単価が、新品複合機の方がお安くご提供が可能です。

例えば、印刷枚数が月5,000枚以上あるとすれば、新品複合機の方が継続的に利用を考えた場合にお安くご利用いただくことができます。 また、画質などの性能は新品複合機の方が圧倒的に優れておりますので、印刷物のクオリティーを重視されるDTP関係やデザイン関係のお仕事をされているお客様には要ご検討が必要となります。

 在庫については、都度変動いたしますのでご検討の際はまずは、お問い合わせください。

お問い合せはこちら